スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のガウリールデッキ 基本的な考え方

 22, 2017 01:47
ガウリールって使い方難しそうだけど興味あるなー という方から
要点と基本的な考え方 考察記事みたいなのをお願いされたので
それなりにまとめてみたいと思います
ガウリールデッキをお持ちの方の参考にもなるかと思います
長文です 注意
まず 現在の構築はこのようになっています

■グレード3:7
4:黒衣の戦慄ガウリール
3:黒衣の献身 ファレグ

■グレード2:11
4:ナースオブブロークンハート
3:黒衣の裁断ハールート
2:黒衣の安眠ザバニーヤ
2:瞬く戒杖 ケエル

■グレード1:15
4:ドクトロイド・レムノン
4:黒衣の通告 ナキール
4:ドリルモーターナース
3:恋の守護者ノキエル

■グレード0:17
1:黒衣の燭光 アズライール
4:黒衣の稲妻ムンカル
3:幸せの鐘ノキエル
4:サージェリィエンジェル
1:ドクトロイドリフロス
4:聖衣の新薬 エレレート
☆4 醒8 治4

■Gゾーン:16
1:聖霊熾天使 ザカリエル
4:聖霊熾天使 アルティエル
4:聖黒熾天使ガウリール
1:聖黒熾天使 ヴェラトール・ターミナル
1:エアーエレメントシブリーズ

2:聖霊熾天使スリエル
1:聖霊熾天使 オリフィエル
1:ダークエレメント ディズメル
1:聖黒熾天使 エレレート

トリガーはスタンドに寄せていますがクリティカルヒットエンジェルなどで☆5
ないし 6程度までバランスをとってもいいかもしれません
ノキエルはメインフェイズにダメージゾーンからのヒール センチネルを回収でき
かつ あと出ししたブロークンを11k単騎で要求値ラインを手軽に作れるため利便性は高い反面ソウルインで実質1ディスアドと馬鹿にならない消費なので1枚削る選択肢が残ります
ディスアドへのフォロー手段としてダメージが回復される動きに反応して1ソウルを1ドロー変換するスマッシュハートの採用も考えられますが
5000という低いパワーからして多く採用することは現実的ではないですし2回以上の効果の使用を考慮した時ムンカルをソウルインして尚 アルティエルやファレグ 治エレレート ザバニーヤでのコスト競合が懸念されます
そんな理由からスマッシュハートは採用除外しており つまるところ この構築においては醒ノキエルの効果を使うならそのディスアドに見合った交換を行うことが絶対条件
確実にヒールかセンチネルをダメージから回収することで手札の総合シールド値を保ちつつダメージに置きたいユニットを置くというこの思想はG2ノキエル 守護天使のナレルの登場時やG1ノキエルでガードした時にも当てはまることです
特殊な例外としてセンチネルのレムノンはダメージゾーンで表になっていることで完全ガードに救援効果が付加されるので
レムノンが表で他に裏になっているダメージがあったとしても安易に疑似コスト回復を選ぶのではなく
状況によってはレムノンを回収対象とする柔軟なプレイも大切になってきます
サージェリィもデッキに戻り1救援とは言え1ディスアドには変わりないのですが活用については後程
61984604_p2_master1200.jpg

ここまでダメージからの回収について触れましたが
逆にダメージに設置しておきたいユニットとはなんでしょう
まずは たった今触れたレムノン6000
この子は表で設置されていれば完全ガードした際に1救援とシンプルな効果ながらもG3ガウリールのGB2効果やブロークンとのコンボで前列のパワーを上げガード後の相手後続アタックに対しての防御力アップが狙えできるだけオモテの状態をキープしておきたいユニットです


攻撃の要として ザバニーヤ ケエル ドリルモーターナース ファレグ
あと サージェリィも含まれます
ザバニーヤ9000
登場時 CB1SB1で手札からダメージに1枚置きダメージから1コール+1救援
自身にパワー+2000
と やや特殊な動きを見せます
言い換えると実質SB1消費でダメージと手札の範囲領域から追加コールなので一見アドバンテージが稼げていませんが
1救援の付加は勿論 手札 ダメージ どこからの登場でも1ユニットを追加でコールでき各フェイズを問わない点を活用したいところです
代表的なコンボとしてダメージからコールされたターンに相手Vへのブーストアタック参加で
ノーコストで1救援できるマーリクが挙げられますが
単純にアタックフェイズ中にハールートの効果でダメージからコールすることでリアガードの1ラインを作り出せるので
連続攻撃を生み出す起点になります
また 救援が約束されているのでCBをドリルモーターナースで払っておくと
「自身の効果でダメージからコールするユニットはまだアタックしていないVウラに・・
救援の回復対象として選んだドリルモーターナースは自身の後方へ10kブーストとしてコール」といった具合に
盤面強化 21kライン形成 救援チェックと大きな恩恵へと繋げていけるパターンも持っています
ケエル9000 ドリルモーターナース7000
この2ユニットはダメージから回復対象として選ばれドロップされた時ノーコストでリアガードにコールできます
それが救援効果による回復対象ならパワー+3000で登場 なんて素敵なの・・
ウラの状態からドロップされても効果は有効なので出来るだけCBのコストとして選ぶのが基本となります
Gガーディアンのスリエルによる救援 ヒールトリガーによる回復といった相手ターンによるスペリオルコールも可能ですし
アルティエルの登場時 救援で疑似カウンターチャージしたついでにコールし救援によるダメージチェックというのも有効な手段です
さらに彼女たちの真価はアタックフェイズに発揮されます
G4ガウリールとの相性が抜群に良く アタック終了後に2救援でドロップゾーンからコール
その後ダメージチェック2枚があるのでスタンドトリガーで同タテ列のレスト状態のユニットも復活する期待が高まります
その前にトリプルドライヴでスタンドを引けていてもオーケーで
ケエルなら後列 ドリルなら前列をスタンドさせておくと1アタックラインが再形成されます
しかもトリガーの5000に加え 2体にパワー2000を2回もでき
場合によっては瞬間的にGB8 ヴェラトールターミナル並みの決定力を生み出します

62579543_p8_master1200.jpg

ファレグ11000
自動効果 超越コストで手札から捨てた時 救援効果を持つヴァンガードがいるなら
「SB1とドロップゾーンからダメージに移動する」コストを払うと1点回復

起動効果 ダメージゾーンにある時 GB1
CB1を払えばダメージゾーンのこのユニットをリアガードにコールしパワー+2000
デッキトップをウラで置き 1救援

と なんだかややこしい効果を持ち併せたユニットですが
一つ目の効果でまず 「1ソウルで疑似カウンターチャージ1」と「1点回復する動きができる」点が重要で
確定でフォレグを置けてダメージゾーンにあっても利用価値があまりないものを処理できます
もちろん回復対象として前述のケエルやドリルを選んでコールする選択肢もありますが
どうせなら起動効果で自身をダメージからコールした時に 救援を使ってセットで呼んできた方がお得でしょう
その起動効果 2つ目の効果は展開力の底上げ程度と考えて良いでしょう
1コスト払ってデッキトップをウラで置き救援しているわけですから 実質1コスト消費
さすがにコスト全部踏み倒しまでは許してくれません
要点として このユニット1つで「ダメージにカードが置かれる」と
「回復する」動きがそれぞれ2回実行できるということを押さえておくとわかりやすいかもしれません
手札も盤面も削られて困った時 ケエルとドリルがダメージにあると
意外に超越ボーナスと併せて回復&救援&ファレグをコールで攻勢に転じられることも!

サージェリィ4000
自動効果 ブーストしたアタック終了後にCB1とデッキに戻すことで1救援

コストなり手札なりを消費してコールした以上は無駄な1ディスアドとして終わらせるわけにはいきません
G4ガウリの「バトルフェイズ中ダメージにカードが置かれたら2体に2000」やブロークンハートとのコンボで1ディスアドに見合ったパワーパンプを獲得したいところです
自身がデッキに戻って空いたサークルに救援でドリルを置いて1枚のスタンドトリガーで1ライン形成できるように
トリプルドライヴ 2救援の前に下準備として利用するのが効果的です
活用できるシーンが限られていることには違いないので扱いが難しいユニットと言えます

62897451_p0.jpg

超越順番
こちらが先攻で先にGガーディアンを使用している場合は初回超越でもGB2が有効となるのでG4ガウリール
確実に2救援付加と2回の「パワー+2000を2体に」と攻めるべきでしょう
加えて先に超越されて攻められており
ダメージレースで負けている場合が多いのでヒールトリガーを引くためにもアルティエルよりもトリガーチェックチャンスが多いこちらを選択するのがベターです

後攻で先手超越なら まずはアルティエルが無難でしょう
派手さはありませんが登場時の1救援とトリプルチェックで様子見の4ドライヴで手堅くGゾーンを開けていくのがよさそう
まずはG1 G0のノキエル ザバニーヤなどを利用しつつ
ダメージゾーンに置きたいユニットを整えていくことが大切

後攻 尚かつ
かげろう なるかみ リンクジョーカー ギアクロなど
こちらの盤上に影響を及ぼすクランが相手の場合はザカリエルも選択肢に挙がります
CB1を消費しますが前列リアに3000+できるので
9000 G2ユニットや超越ボーナスで2000+になった7000 G1でも
単体で11000の相手ヴァンガードへアタックを通すことが可能となるので
退却や雷撃 呪縛の被害を軽減させることもできます
Gゾーンを1枚オモテにするコストも求められるのでアルティエルをオモテにして
次にアルティエルに超越した時の救援回数を増やすと同時に
GB8への布石としても無駄がないのも評価点です

先攻 後攻問わず2回目はガウリール
この段階になると相手もフェニッシャー級のGユニットを返しのターンでブチかましてくる可能性が高いので
ここでキメにかかるぐらいの気持ちで展開 救援 パワーパンプ 疑似スタンドを駆使していきましょう

3回目の超越前
ここまででGガーディアンを3枚分オモテに出来ていればGB8ヴェラトール
できていないなら2回目のアルティエル 残っているならG4ガウリ
5ダメージならザカリエルで中央ライン単体36000と前列リア単体でもガード要求できるように攻める
主に3つの選択肢になります


■ライド事故 回避テクニック
ライド事故というわけではないがガウリールではなくファレグにライドしちゃいそう
そんな時はダメージゾーンにも気を配りましょう
G1 G0のノキエルは序盤からでも手札とダメージを交換できるので
ダメージからガウリールを確保できる場合もあります
ダメージに彼女がいないなら いっその事ノキエルでファレグをダメージに送ってしまいましょう
強引にGアシストの条件をクリアしてしまえばガウリール獲得のチャンスと
ファレグにライドするよりも高い勝率に繋げられます
当然ですがナキールとの併用でG3ガウリの確保が重要です


さて 非常に長い説明 考察となってしまいましたが
私が数百回ガウリデッキを回した中で得たノウハウも含まれているので
参考にしていただければ幸いでございます
G2にアラトロン ノキエル
G1にマーリク サウザンドレイペガサス スマッシュハート
トリガー配分 など人それぞれ構築内容は違うかもしれませんが
基本的な考え方は共通するものが多いですし
常に冷静な判断ができるよう役立ててもらえればと思います
最後まで読んでくれた方 全員にありがとう

スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。