FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキに対する思い いろいろ

 22, 2017 01:40
日曜日の大会後 ただひたすらにグルグデッキをブン回し続けております
●スペコ連パンが気持ちいいので追加でプイス入れたい
●コストきついからマルキア抜けない
この2点で常に揺れている感じです G2を13枚にしたろか・・・
2回目の天道でプイス絡めて6パンしたら思いのほか勝ち確が多くなったので
ヘンリネス4 ふぁーむがる2 キナリウス2 この黄金比は絶対だと思うので
マルキア3 プイス2で13枚体制でG1の くーるがるは1枚でもいいかも??

プリデリーさんは4枚しかないので
最初だけ採用していたアレッシアさんにはエイゼルさんを守護してもらってます
アレッシア「なんとしてでもあの人の元にはいかせない!」
エイゼル「グルグ君じゃなくてすまんな! ハハッ! 」(誰?
私の中ではグルグ君とアレッシアはお似合いの二人だと思っているだけに
二人の仲を割くような構築にしてしまい本当に心苦しい限りです

私がここまでグルグ軸に入れ込む理由として考えられるのが
トップ範囲からのスペコというクランの特色上毎回まるっきり同じ動きにならないところ
エイゼルでも似たようなことが言えますが
体感として効果によるコール頻度の高さは2倍3倍はあり
自分も相手もどんな盤面 どんなパワーライン形成になるか
他のクランに比べて効果処理後まで予測が難しい点がおもしろいと思います
アーシャ軸の開花もコールと効果処理が終わるまで盤面とパワーラインがハッキリしないあたり
類似しているところがあるので相手にしていて飽きない理由かもしれません

当初 キーワード能力というより ただの条件やんけ と過小評価していましたが
剣牙激闘の強化によって攻守においてデッキ大部分のユニットが
それぞれお互いにシナジーを有している実感を得られる形の「結束」になったと思います
今後ともガウリールと一緒に使い込んでいきたいですね

余談ですが 設定上グルグウィントとガウリールには共通の仇ともいうべき敵対ユニットが存在します
もし今後の強化でその存在が立ちはだかるようなら
太陽の騎士団と黒衣の葬天使の共同戦線がきっと討ち果たしてくれることでしょう
52283921_p0_master1200_201702221136257f1.jpg


61571954_p0.jpg
61296991_p0_2017022200423163c.png
褐色ロリエルフとか イラストアド的にとんでもなく強いと思う今日この頃です

スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。