Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
vgd_today_2017022810563634b.png
GB1
メインフェイズ開始時CB1を支払うことでソウルチャージ1し
ソウルの自身を2k乗せた状態でスペリオルコールする自動能力と
ターン終了時ソウルブラスト1と自身をソウルインさせることで
奇術の効果を持つリアガードトを1枚手札に戻す2つの効果を持つ

要約すると
効果による退却対象などで無力化されない限り
ソウルブラストとソウルチャージをこのユニットだけで繰り返し
ソウルの質の向上を図りつつ
毎ターン自身を7kブーストとして運用できるというもの

ターン終了時にソウルインする効果はGB1の条件がなく
ヴァンガードが「ハリー」である必要もないため
ダークサイドプリンセスによる要求値の高い速攻を行ったターンに
それらのユニットを奇術効果によってソウルに戻るところを
プレジャーの効果によって手札に戻す選択肢を得られる

退却効果を持つクランなどを相手にする場合は
早い段階でソウルインする効果を使用しつつ手札枚数を維持するプレイングができ
ハリー名称にライドしGB1が有効になってから
自身を7kブーストにしながらソウルを入れ替えていく動きに繋げていくのが良策と思われる

ただ長期戦でメインフェイズ開始時効果を連続して使う状況になると
CBコスト枯渇が懸念されるためスキルの使用回数には注意したい
スポンサーサイト
vgd_today_20170227115025351.png

1つ目のスキルは 奇術効果GB2達成時 ターンに一回CB1でソウルからグレード1を1枚スペリオルコールし
ターン終了時そのユニットをソウルに戻す
2つ目のスキルはアタック時の自動能力でソウルチャージ1し自身に2kパンプ
チャージされたのが奇術能力を持つユニットならさらに自身に3kする

どちらの効果もヴァンガードがハリー名称であることが条件となっているため
完全に運用できる軸が限定されている

ベティやキューティーパラトルーパーなどの盤面展開の起点や
激甘ピエロといった攻撃面での支援も期待できる
また GBなしでハリーライド直後から確実に11kでアタックできある程度の速度を持っており
ソウルチャージ内容次第で単体14kで21k以上のライン取りも狙える二段階パンプはアタッカーとして申し分ない
ダークサイドプリンセスと併用して超攻撃的な構築も可能となってくる

スペリオルコールの起点でV名称指定 パンプ担当も兼任するという意味で
ヘンリネスに近い仕事ができる有能なユニットで
ユニット名もイラストも奇術師として観客受けする感じで なかなか良いです
ハリー・ザ・マジックに更なる磨きがかかるのは確実


やっぱかっこいいねルキエ様♪

C5UXSluVYAAa657.jpg
vgd_today_ach0223.png
一日遅れですがワンダリングドラゴンの解析

ガードに登場時ソウルチャージ1しソウルから一枚ガードに追加登場させるというもの
単純にソウルに落ちた10kシールドを上乗せするだけでファーニバルよりは有能だし
同時にデッキトップとソウルの交換も行っているので
フライングペリュトンやキューティーパラトルーパーなどの返しのターンでの戦力
1ライン作る起点となるユニットのソウルインにも多少の期待が持てる

また特定のセンチネル
ウォータージャグラー 銀の茨のリディア フープマスター との相性も良く
ソウルから完全ガードを登場させ1枚捨てることで
Gガーディアンとしての15kシールドは無駄にはなるが
ヒール1枚とコストの1枚 計2枚の消費でセンチネルを張れる利点を得ることもできる
手札からの登場が条件であるダークサイドミラーマスターでは効果は得られないので注意
weekly_vg_170221_07.jpg
1枚でOKな切り札ユニット??
切り札 とか言っちゃって大丈夫なのか?というのが心配
剣爛グルグレベルどころか ぶっこわれテキスト突っ込んでくるんじゃないだろうな・・・
ぬばたま エンフェ ギアクロ グランブルー ノヴァ あたりは特に気を付けないと
ノキエルや七海の件もあるしタイムリープ加速やVスタンド下手に条件緩和したら
アッという間に環境抜け出してしまいそうで怖いわ
Gガーディアンもどんどん増えてきてるけど
去年のファイコレで収録された条件クリアでシールド5kプラスタイプが用済みになってくると
ちょっと寂しい気もします
イラスト的にもオリフィエルやレイアは気に入っているので上手く差別化された効果付きガーディアンであることに期待したいですね
RR枠のヒール これが今回の目玉となりそう
Gガーディアンのコストに使った時 デッキに戻ってシャッフル
これが一番現実味がありそうなスキルですが予測の範疇を出ないです

weekly_vg_170221_08.jpg
メインチームのスリーブ
クミちゃんの笑顔がかわいいです
この中だと腹黒い貴公子 チョロい女王 気苦労絶えない幸薄男の福原が一番好きですね

weekly_vg_170221_13.jpg
ラミラビ発売記念ファイトのカウンターがかっこいい
3月は一度札幌遠征に行く予定なので上手くゲットできればいいのですが・・
+3000カウンターなので5枚ぐらいほしいところです

忘れるところでした
2月22日 猫の日でしたとさ
めでたしめでたし

61590800_p0.jpg
41805712_p0_201702230044169c2.jpg
日曜日の大会後 ただひたすらにグルグデッキをブン回し続けております
●スペコ連パンが気持ちいいので追加でプイス入れたい
●コストきついからマルキア抜けない
この2点で常に揺れている感じです G2を13枚にしたろか・・・
2回目の天道でプイス絡めて6パンしたら思いのほか勝ち確が多くなったので
ヘンリネス4 ふぁーむがる2 キナリウス2 この黄金比は絶対だと思うので
マルキア3 プイス2で13枚体制でG1の くーるがるは1枚でもいいかも??

プリデリーさんは4枚しかないので
最初だけ採用していたアレッシアさんにはエイゼルさんを守護してもらってます
アレッシア「なんとしてでもあの人の元にはいかせない!」
エイゼル「グルグ君じゃなくてすまんな! ハハッ! 」(誰?
私の中ではグルグ君とアレッシアはお似合いの二人だと思っているだけに
二人の仲を割くような構築にしてしまい本当に心苦しい限りです

私がここまでグルグ軸に入れ込む理由として考えられるのが
トップ範囲からのスペコというクランの特色上毎回まるっきり同じ動きにならないところ
エイゼルでも似たようなことが言えますが
体感として効果によるコール頻度の高さは2倍3倍はあり
自分も相手もどんな盤面 どんなパワーライン形成になるか
他のクランに比べて効果処理後まで予測が難しい点がおもしろいと思います
アーシャ軸の開花もコールと効果処理が終わるまで盤面とパワーラインがハッキリしないあたり
類似しているところがあるので相手にしていて飽きない理由かもしれません

当初 キーワード能力というより ただの条件やんけ と過小評価していましたが
剣牙激闘の強化によって攻守においてデッキ大部分のユニットが
それぞれお互いにシナジーを有している実感を得られる形の「結束」になったと思います
今後ともガウリールと一緒に使い込んでいきたいですね

余談ですが 設定上グルグウィントとガウリールには共通の仇ともいうべき敵対ユニットが存在します
もし今後の強化でその存在が立ちはだかるようなら
太陽の騎士団と黒衣の葬天使の共同戦線がきっと討ち果たしてくれることでしょう
52283921_p0_master1200_201702221136257f1.jpg


61571954_p0.jpg
61296991_p0_2017022200423163c.png
褐色ロリエルフとか イラストアド的にとんでもなく強いと思う今日この頃です

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。