Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■グレード3:7
4:アルボロス・ドラゴン “聖樹”
3:ラナンキュラスの花乙女 アーシャ

■グレード2:11
4:アルボロス・ドラゴン “樹”
3:メイデン・オブ・グラジオラス
4:メイデン・オブ・チェリーブルーム

■グレード1:15
4:アルボロス・ドラゴン “若枝”
3:開墾の戦乙女 パドミニ
4:メイデン・オブ・チェリーストーン
4:メイデン・オブ・ブロッサムレイン

■グレード0:17
1:アルボロス・ドラゴン “新芽”
4:月下美人の銃士 ダニエル
4:フェアリーライト・ドラゴン
4:メイデン・オブ・デイブレイク
4:メイデン・オブ・ディモルフォーセ

■Gゾーン:8
2:スノーエレメント ブリーザ
4:聖樹竜 ジングルフラワー・ドラゴン
2:春色の花乙姫 アルボレア

チェリーブルームとチェリーストーンを採用
前衛後衛必要に応じて張り替えることができヒット時効果なためガード強要としても活きやすい
ヒット前提でコールしアタックフェイズに臨むのではなく
ハンドの状況に応じて相手にこちらの要望を強要する という考え方で扱うのが無難
特にこの構築だとソウルの使い道もないため自然のチェリーブルームが選択肢として挙がった
Gゾーンについてはブリーザを採用
これはジングルフラワーの効果で1ターンに2枚Gゾーンを表にできることから
早い段階で10kパンプ 単体36kトリプルドライヴが可能となり
ジングル効果を2回使用後3度目のストライドの選択肢として20k追加パンプは魅力的
展開するのが得意なクランである以上呪縛や退却の脅威に晒されであろうことからも
中央のラインだけで戦うことも念頭に置きブリーザは最有力候補となった

盤面強化ならアルボレア
すでに盤面が整っている または整えられる状況ならジングル
対呪縛 終盤のフェニシャーなどにブリーザ
と使い分けるのが効果的ではないかと考えました
スポンサーサイト
■グレード3:8
4:ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン
4:ドラゴニック・カイザー・クリムゾン

■グレード2:11
3:呪詛魔砲のワイバーン
4:ダストプラズマ・ドラゴン
4:ドラゴニック・デスサイズ

■グレード1:14
4:抹消者 エッグヘルム・ドラコキッド
3:送り火の抹消者 カストル
3:ライジング・フェニックス
4:ワイバーンガード ガルド

■グレード0:17
4:悪戯っ娘キョンシー
4:スパークエッジ・ドラコキッド
1:スパークキッド・ドラグーン
4:毒心のジン
4:魔竜仙女 セイオウボ

眠っていたヴァーミリオンデッキを叩き起こしクリムゾンで構築 ブラッドとは一体なんだったのか・・
ノーコストでLB連発できるということでコスト回復役のカルラではなく
11kアタッカーとして優秀な呪詛魔砲のワイバーン バーサーク互換のデスサイズがまず候補に挙がる
どちらもクセがなく扱いやすい部類でライジングフェニックス5kブーストでも16kラインを構築できる呪詛は隠れたエース
レギオンユニット軸なので再レギオンすることで容易にソウルを貯めることができるので
ライジングフェニックスでアドを複数回アドを取りに行きやすく
レギオンLBも相まって相手とのハンド差を稼ぎに行くのも有効な手段かと思われる
カストルはハンド交換&ドロップゾーン肥しでレギオンまでの速度を助ける役目として有能で
エッグヘルムはダメージ3以下でもLBをノーコストでぶちかまし始める上で欠かせない存在
なるかみ自体カードプールが多く優れたサポートカードも多数存在するためか
かなり環境の上では上位に食い込むのではないかと予想しています


■グレード3:7
4:アルボロス・ドラゴン “聖樹”
3:ラナンキュラスの花乙女 アーシャ

■グレード2:11
4:アルボロス・ドラゴン “樹”
4:開花の乙女 ケラ
3:メイデン・オブ・グラジオラス

■グレード1:15
4:アルボロス・ドラゴン “若枝”
3:開墾の戦乙女 パドミニ
4:萌芽の乙女 ディアン
4:メイデン・オブ・パッションフラワー

■グレード0:17
1:アルボロス・ドラゴン “新芽”
4:月下美人の銃士 ダニエル
4:スイート・ハニー
4:メイデン・オブ・デイブレイク
4:メイデン・オブ・ディモルフォーセ

■Gゾーン:8
4:聖樹竜 ジングルフラワー・ドラゴン
4:春色の花乙姫 アルボレア


メイデン・オブ・グラジオラス

グラジオラス バドミニ を投入
Gブライク1で発動タイミングは遅めだがより一層盤面を整えやすくするためにグラジオラス
バドミニはストライドのコスト軽減スキルを持ちつつアーシャのサーチを行え
アルボロス連携ライドからアーシャに直結ライドを狙いやすくするため採用
連携ライドである以上安定した勝利は難しく呪縛と退却を得意とするクランが相手だとかなりきつい
環境の上でトップクラスに食い込んでくることはないと思われる

草木をモチーフとした可憐なイラスト フォレストドラゴンの雄大さ
自然をテーマとしたクラン特有の魅力は健在であり
アニメ新シリーズのヒロイン 安城トコハ が使用するクランでもあることから
勝率を捨ててまで使い込むプレイヤーが一時的に増えることが予想される

イグニッションBR テンペストボルトLB ヌーベルバーグLB 煉獄
グランディオス ガーネットスター インフィニットゼロ 
このあたりとぶつかると相手が事故らないない限り無理ゲーとなる可能性大


同じく長期間眠っていた ヴァーミリオン軸 も日の目を浴びることとなりそう
新録されるドラゴニックカイザークリムゾン
ドラゴニック・カイザー・クリムゾンドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン


ヴァーミリオンのCB3とクソ重いコストが毎ターンダダでぶっぱなせるのは単純に強烈
相手の前列展開を直接ディスアドに変換できる状況に近いと言える上
メイトであるヴァーミリオンLBで単体24k
起動効果SB1で26kとなることから
11kから13kのクロスライド相手にも柔軟にガード強要を強いることができる7kブーストとの相性が非常に良い
正直この強化はレギオン環境が到来した時点で予想 期待していたことだったので結構うれしかったりする
こういった過去に収録されたカードに対する軽い救済があるというのは個人的には歓迎
新しいルールやカード効果を出していくばかりが必ずしもTCGで商売する上で最重要ではないと考えます

久々のネオネク強化目前ということで長いこと眠っていたアルボロス軸を引っ張り出し
今後の強化指針を思案してみた

春色の花乙姫_アルボレアラナンキュラスの花乙女_アーシャ
アルボロス・ドラゴン_“聖樹”開花の乙女_ケラ
メイデン・オブ・レインボーウッド萌芽の乙女_ディアン


■グレード3:8
4:アルボロス・ドラゴン “聖樹”
4:ラナンキュラスの花乙女 アーシャ

■グレード2:11
4:アルボロス・ドラゴン “樹”
4:開花の乙女 ケラ
3:メイデン・オブ・レインボーウッド

■グレード1:14
4:アルボロス・ドラゴン “若枝”
3:カローラ・ドラゴン
3:萌芽の乙女 ディアン
4:メイデン・オブ・ブロッサムレイン

■グレード0:17
1:アルボロス・ドラゴン “新芽”
4:月下美人の銃士 ダニエル
4:スイート・ハニー
4:ダンガン・マロン
4:メイデン・オブ・デイブレイク

■Gゾーン:6
4:春色の花乙姫 アルボレア
2:ミラクルエレメント アトモス

☆8 醒4 治4
同名ユニットをスペリオルコールしていくのでアドは十分とれることからドロートリガーはゼロ
高いパワーラインを作りやすいのでアルボレア アーシャで毎ターンプレッシャーを与え続けることも狙える
スタンドトリガーであるデイブレイクも自身をデッキトップに送ることで
リアガードと同名ユニットに変換することができるスキルを持つため
退却スキル耐性の底上げのみならずパンプアップされた前衛スタンドで10kシールド追加要求を期待できる
kadomatu-illust1.gif

2015年
平成27年
うーんまだ馴染むには時間がかかりそう


正月もモンハンしています
HR718 早くUSJ レウス希少素材がほしいですなー
新春早々ガンランスでみなさんに迷惑をかけて遊んでいます
味方を巻き込まない気遣いのできるガンランサーでありたいですハイ
375547031.jpg

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。