Photo Gallery

■グレード3:7
4:黄金の聖剣 グルグウィント(SP
1:旭光の騎士 グルグウィント
2:どーんがる

■グレード2:12
3:残陽の騎士 ヘンリネス
3:昼光の騎士 キナリウス
2:ふぁーむがる
4:薄陽の騎士 マルキア

■グレード1:14
4:神聖魔道士 アレッシア
4:曙光の騎士 ゴルボドゥク
4:日華の騎士 ジェフリー
2:くーるがる

■グレード0:17
1:早天の騎士 コエル
4:スカーフェイス・ライオン
2:フレイム・オブ・ビクトリー
4:ギガンテックリンガー
2:聖管の奏者 ヘリー
4:ファーマシーウィッチ
☆6 醒6 治4

■Gゾーン:16
1:黄金竜 ビルドピークドラゴン
4:天道聖剣 グルグウィント
2:旭光剣爛 グルグウィント
2:黄金竜 スカージポイント・ドラゴン
2:黄金竜 グロリアスレイニング・ドラゴン
1:エアーエレメント シブリーズ

2:黄金獣 すれいみー・フレア
2:聖天祈祷師 レイア

G2とトリガー配分を微調整
ヘンリネス4⇒3
キナリウス2⇒3
フレイムオブビクトリー4⇒2
ヘリー0⇒2

ヘンリネスは非常に強力なパワーラインを形成するのに欠かせない存在ではあるのですが
4枚だと効果でスペコしたい状況なのにコスト払うと天道や剣爛の運用に支障が出るという
他のユニットとのコスト競合が折り合いつかないことが以前から多かったので控えめに・・
4kパンプ付いてるし手札から1:1交換にはなるけどCB SB不要のキナリウスの方が
黄金グルグの超越ボーナスや天道との相性が上だと判断 結束持ちだし・・

プリデリーを抜いてコスト回復をマルキアに全て任せていましたが
もう少しコスト回復サポートが欲しいところで
連続攻撃主体で天道を活かしたい狙いもあってヘリーさんを2枚に・・
以前記事にした通りヘリーさんを増やすと効果により強制的にソウルに逃げてしまうため
せっかくの黄金GB2効果である後列からの防御参加の優位性が損なわれてしまうので
あくまで主役はギガンテックおじさま

デッキ全体で結束の効果を持つユニットをプリデリーをアレッシアにして16⇒20
今回の微調整で20⇒23に増強したことになります
これは言うまでもなく黄金グルグのボーナス1回の動きでより高い確率で盤面に2体コールを行うため

52073310_p8_master1200.jpg

52073310_p9_master1200.jpg
スポンサーサイト
新イラストになってマスカレードバニーがより一層かわいくなったので
ハリー軸を考えてみたよ!
今回の強化でソウルブラストが多くなった分ソウルの質も上げやすくはなっているけど
全体的にソウルの入れ替わりが激しいので状況判断とプレイングの難度は高くなっているね
山札少なくなってきてからのフェアフィールドでトリガー戻し決めにいくのは文句なしに強烈
54642042_p0_master1200_2017030301201932a.jpg


■グレード3:7
4:仮面の幻術師 ハリー
3:仮面の奇術師 ハリー

■グレード2:11
4:絵札の奇術師 ラッピン
3:フライングペリュトン
2:ダークサイド・プリンセス
2:クレセントムーン・ジャグラー

■グレード1:15
4:ダークサイド・ミラーマスター
3:マスカレード・バニー
4:キューティ・パラトルーパー
2:短剣の奇術師 エティ
2:ユニサイクル・タンブラー

■グレード0:17
1:長靴をはいたキャットナイト
4:ダークサイド・ソードマスター
4:ポイゾン・ジャグラー
4:鏡の国のいたずらっ娘
4:テンダー・ブリーダー

■Gゾーン:16
1:冷徹の神竜使い ジャネット
2:獣花の大奇術 プラーナ
2:道化魔竜 ルナティックドラゴン
2:終演を告げる者 メフィスト
2:夢踊る彩翼 ミルワード
2:異界の大奇術 フェアフィールド
1:仮面の神竜使い ハリー

2:鎖鋸の大奇術 ファーニバル
2:道化魔竜 ワンダリング・ドラゴン
54642042_p1_master1200.jpg
WS204827.jpg

54642042_p2_master1200.jpg

61716277_p0.jpg
■グレード3:7
3:黄金の聖剣 グルグウィント
3:旭光の騎士 グルグウィント
1:どーんがる

■グレード2:12
4:残陽の騎士 ヘンリネス
2:昼光の騎士 キナリウス
2:ふぁーむがる
4:薄陽の騎士 マルキア

ヘンリネスと天道のパンプでラインはとりやすいので
ぶるるがるは解雇
スペリオルコール起点を6枚から8枚へ増築
聖剣 天道 ヘンリネス 3種の運用だけでもコストがギリギリなので
剣爛グルグまで使えるようマルキア4投でフォロー
プイスは連パンエライですがコスト面でちょっと扱いにくかった
連パンしたけりゃスタンド引け という思想


■グレード1:14
4:神聖魔道士 プリデリー
4:曙光の騎士 ゴルボドゥク
4:日華の騎士 ジェフリー
2:くーるがる

アレッシア使ってて思ったのが
「結束有効にしてリアガードボトムに送ってまでアレッシアを15シールドにしたいシチュがない」
たしかに効果持ちでG3旭光のGB2で山札から完ガ張れる可能性が残せるのは強い
けどそれ以上にコストが欲しい場合が多いので
防御性能は聖剣に丸投げすべきという結論に
スカーフェイス同様ソウル確保に安定のジェフリー4投

ぶるるがる が抜けてパワー面で物足りないところをコナヌスでカバーするのもいいが
それなりの枚数を採用するのには枠が足りない 非常に惜しい存在

■グレード0:17
1:早天の騎士 コエル
4:スカーフェイス・ライオン
4:フレイム・オブ・ビクトリー
4:ギガンテックリンガー
4:ファーマシーウィッチ
☆8 醒4 治4

ヘリーが抜けます
結束条件が有効になると自動効果のため強制的にブーストアタック後ソウルインコスト回復するのだが
黄金聖剣で後列からせっかくインターセプトできる効果もらえるのに
ソウルに逃げてチャージされると防御値に直結しないのが少し相性が悪い
同じスタンドトリガーなら天道で疑似スタンドが狙えるラインに5kパンプして1ドローの
ディスアドなくデッキにも戻るギガンテックリンガーがマッチする
天道の永続パンプがあるためアタックが終了しているユニット前列がトリガーでスタンドする厄介さを
ギガンティックならばマイナス要素なく成功確率の底上げができるのは大きい
ヘリーと違い効果使用後に盤面から消えても手札枚数に変換してるので防御面でスキも少ない


■Gゾーン:16
4:天道聖剣 グルグウィント
2:旭光剣爛 グルグウィント
1:黄金竜 ビルドピークドラゴン
2:黄金竜 スカージポイント・ドラゴン
2:黄金竜 グロリアスレイニング・ドラゴン
1:エアーエレメント シブリーズ

2:黄金獣 すれいみー・フレア
2:聖天祈祷師 レイア

天道を2から4に
結局ライジングシャイン抜いて初回から天道連発してグロリアスかスカージか剣爛で刺す
余計なものは極力抜いた結果となった

ゴルパラのデッキ調整する時 テイルズオーケストラ聴きながらということが多いです
特にこの 試されし焔の絆〜競うは地の誉れ〜水の調べは霊霧の導き〜風と瞬天の戦い が好き

■グレード3:7
3:黄金の聖剣 グルグウィント
2:旭光の騎士 グルグウィント
2:どーんがる

聖剣と旭光を4投ずつという構築をよく見ますが
ゴルボドゥクでハンドに任意のグルグ名称を確保する手段もあるため
完全に名称を固めてしまうよりも有能なサブを1~2枚採用することで
個人的には攻守で対応力の底上げが見込めると考えています
どーんがる は10kブースト インターセプト参加 シールド5kとして
攻守で頼りになる存在なので信頼の2投


■グレード2:12
3:残陽の騎士 ヘンリネス
2:ふぁーむがる
2:遠矢の騎士 サフィール
3:ぶるるがる
2:神聖魔道士 プイス

ヘンリネス
聖剣の超越ボーナスを考えるとCBとソウルの消耗が激しく
コストの確保には苦労するが自身含む2体に3kパンプという
相応の決定力を生み出せるためキナリウスよりもこちらを採用
サフィール ジェフリー ヘリー スカーフェイス でソウルを積極的に調達し
G4剣爛グルグで使用する2ソウルを常に意識する必要がある

イラストアド的にも今回収録されたロッサも捨てがたいが
同じ1コスト消費ならプイスに軍配だしアタッカーのぶるるがるの存在から
採用は見送られる形となった

■グレード1:14
4:神聖魔道士 アレッシア
4:曙光の騎士 ゴルボドゥク
4:日華の騎士 ジェフリー
2:春陽の騎士 コナヌス

2ソウルをコスト回復にまわせるメリアグランスが抜けました
ヘンリネス 聖剣 剣爛グルグと1ファイト中に6ソウルは欲しい
そこでコエルが焼かれるシチュを考えた時に運用が難しい

上記の案件から
防御性能が高いアレッシアだが 構築上の相性として
単純にコスト回復をサポートするプリデリーの方が良さげではないかと思考中

コナヌス
使用感としてはかなり活躍します
トリガー乗らなくても26ラインを素で叩き出せるパターンが多岐に渡り
ぶるるがる ヘンリネス との組み合わせを基本に
V含めた他の結束ユニットとの反応でフェニッシャーとして申し分ないパワー
3投する価値も十分ある


■グレード0:17
1:早天の騎士 コエル
4:スカーフェイス・ライオン
2:フレイム・オブ・ビクトリー
4:聖管の奏者 ヘリー
2:ギガンテックリンガー
2:キュアラブル・エンジェル
2:ファーマシーウィッチ
☆6 醒6 治4

■Gゾーン:16
2:黄金竜 ライジングシャイン・ドラゴン
2:黄金竜 スカージポイント・ドラゴン
2:黄金竜 グロリアスレイニング・ドラゴン
3:天道聖剣 グルグウィント
2:旭光剣爛 グルグウィント
1:エアーエレメント シブリーズ

2:黄金獣 すれいみー・フレア
1:聖天祈祷師 レイア
1:ダークエレメント ディズメル

天道グルグ 正直2枚でもいい感じ
ライジング でヒットしたら剣爛オモテにして
2回目を天道 最後にスカポか剣爛でトドメ
初回ヒットしなかったら何も考えずにスカポ連発と天道で終わりそう
天道を2回使う必要ってあまりない気がしてきました


なんだかんだで
カードプールも充実しコスト競合もかなり激しくなってきたし
構築に個人差が出てくるようになりましたね
G3の割合もそうですが
ヘンリネス と キナリウス と ふぁーむがる
マルキア と サフィール
ぶるるがる と レガン
プリデリー と アレッシア
コナヌス と メリアグランス このあたりは判断に悩むところかと思います
それでもプイス2枚以上 ジェフリー3枚以上の採用は鉄板でしょう
元旦今日のカードで枢機カムスサの効果が判明したのでバトシス再構成
nytcd_ksor_0101_g4r.png
なんというかブレードマスター戴天のオラクル版みたいなユニットやね・・
コストやや重いけど れもねーど まふぃんで事前にチャージしておけば大丈夫かな
Gペルソナを要求しないので枠も食わないしGB3じゃなくて「2」だから
2回目の超越からゴリゴリ押していってもいいわけだ
全力でガード切りやすい っていうかガードしまくった分だけがアドが発生するという
鬼畜な登場時効果を持ってます

■グレード3:8
4:バトルシスター まどれーぬ
4:バトルシスター じゅれ

■グレード2:11
3:バトルシスター まかろん
3:バトルシスター ここっと
3:バトルシスター ぱんなこった
2:バトルシスター ぷでぃんぐ

■グレード1:14
4:バトルシスター しょこら
2:神剣アメノムラクモ
4:バトルシスター たふぃー
4:バトルシスター れもねーど

■グレード0:17
1:バトルシスター えくれあ
4:バトルシスター まふぃん
1:バトルシスター じんじゃー
3:サイキックバード
4:バトルシスター てぃらみす
4:バトルシスター ちゃい
☆8 引4 治4 

■Gゾーン:16
4:エキサイトバトルシスター みろわーる
2:恵みの霊神 アメノサグメ
2:神鳴りの剣神 タケミカヅチ
2:破龍戦神 カムスサノオ
2:枢機の征討神 カムスサノオ

2:八千代の日輪 アマテラス
1:来光神鷹 一拍子
1:ダークエレメント ディズメル

まどれーぬのGB2効果 ここっと のCB
ぱんなこった で捨てる手札
ぐらいしかコストに名称を要求してこないので
トリガーはサイキックバード3投
ソウルイン1ドローでソウル確保をフォロー
神託を有効にしやすくでドロートリガーは普通に必須

きちんと G3まどれーぬ から超越できたなら
初回超越は前列のパワー上がらなくてもヒット時に1コスト1ドロー効果付与のみろわーる
ヒットしなかったら1ソウルを1コスト回復に変換できるので枢機カムスサの下準備に直結
ヒット=ダメージ+ドロー ガード=枢機で大量ドローとプレッシャーかけられる という
相手にとっては相当しんどい流れが出来上がるわけね・・

こうなってくると常にCBに余裕をもっておきたいことから
れもねーど4投
1ファイト中に2回は確実に使っていきたい効果なので3投だと不足と判断
5kだけどある意味キーカードになってくるんですな こいつが・・
まふぃん だと神託が条件だし実質的な手札消費も発生するので
できればコスト回復は前者に任せたいところ

vgd_today_ach1213_04.pngvgd_today_ach1222.png


vgd_today_ach1212.png

■グレード3:10
4:バトルシスター まどれーぬ
4:バトルシスター じゅれ
2:バトルシスター すふれ

超越補助がない以上G3を積んでいくしかない 10投
ブースト受けたら2k乗る すふれ をサブ採用
不安定なパンプ数値を与えるG4 みろわーる との兼ね合いで
1kでも高いパワーで要求値ラインを取りたい意向

■グレード2:11
3:バトルシスター まかろん
3:バトルシスター ここっと
3:バトルシスター ぱんなこった
2:バトルシスター ぷでぃんぐ

●ヒット時スキル
くれーぷ は
神託で永続2kパンプ(相手のターンも) と
GB1 VがG3ならヒット時1コストで1ドロー
同じヒット時効果の ここっと と比べて
相手にドロー内容を公開しなくていいのが最大の上位互換要素だが
GB持ちなのでヒット時効果に期待できるか疑問
デッキの特徴である攻めの速さとヒット時ドロー変換の長所を活かすなら
ここっと に軍配が上がる
G4アメノサグメでコストは返ってくると考えて神託スキル条件達成を目指し
早い段階からドローしたい局面ともマッチしているということも併せて理解しておくと良い

●アタッカー
7k相手に序盤から10k要求を飛ばせる まかろん は速攻の要
単純な2kパンプ連打の瞬発力を持つ べりーむーす も採用価値アリ
GBではないため序盤から単体13kとバニラ8k相手にすら要求値を叩き出せる点は評価したい
アタッカーである まかろん と競合する存在となる
ぱんなこった は序盤~フェニッシャーまで幅広く単体14kで動けるため便利だが
Gガーディアンなど楽にしのがれる場面で使うと手札負担が生じるため慎重に扱いたい

バトシス単で考察なのでトム枠は考えていない
 
vgd_today_201612271825343c3.pngvgd_today02_201612271825337e7.png


■グレード1:12
4:バトルシスター しょこら
4:バトルシスター たふぃー
1:バトルシスター らすく
3:バトルシスター れもねーど

まどれーぬ の収録によりG3から ぱるふぇ が抜けるのが自然
LB解除のろりぽっぷが不要になるため
アタッカーとして機能するユニットを存分に採用することができる
れもねーど は4投もしてはいけない子なので らすく1で埋める
とりあえずサイドから10kで殴ることに集中できるって素晴らしいね

■グレード0:17
1:バトルシスター えくれあ
4:バトルシスター まふぃん
4:バトルシスター じんじゃー
4:バトルシスター てぃらみす
4:バトルシスター ちゃい

Gガーディアンアマテラス
Gアメノサグメ とソウルチャージ手段が出来たので
サイキックバードによるフォローは不要
レギオンからの再ライドなどプレイングでカバーできる点もあるため
ソウルコストの確保にはそれほど困らないはず

■Gゾーン:16
2:エキサイトバトルシスター じぇらーと
2:恵みの霊神 アメノサグメ
4:エキサイトバトルシスター みろわーる
2:神鳴りの剣神 タケミカヅチ
2:破龍戦神 カムスサノオ

2:八千代の日輪 アマテラス
1:来光神鷹 一拍子
1:ダークエレメント ディズメル

じぇらーと アメノサグメは 各1枚でも十分なので
元日の今日のカードGユニットの効果次第で差し替え
vgd_today_ach1213_04.pngvgd_today_ach1222.png


相変わらず序盤から速攻しやすい内容
ヒット時効果を持つユニットも多いのでシールドを切るか相手に迫っていく動きは結構いやらしい
みろわーる のおかげで速攻からの高パワーフェニッシュまでの流れが出来つつあり
ぱんなこった で21kラインから ハンド5枚で31kまで作れるので
早い段階でダメージ追い込めれば一気に決着まで狙える
トリドラブースターの強化で「1コスト→1ドロー」変換していく動きがよりスムーズになった

60575334_p12_master1200.jpg
NEXT最初に出てきて以来 やっと13話で再登場
60561189_p11_master1200.jpg
■グレード3:7
4:忍竜 シラヌイ
3:忍竜 ケガレシンミョウ

■グレード2:10
4:忍獣 タマハガネ
4:夜霧の忍鬼 ミヤビ
2:忍竜 ハシリビ

■グレード1:13
4:帳の忍鬼 クレナイ
4:忍獣 カタリギツネ
4:忍竜 チギレグモ
1:忍竜 ドレッドマスター

■グレード0:20
4:木枯らしの忍鬼 カモジグサ(FV
4:忍竜 ノロイ
3:忍妖 ワラシベヒメ
1:忍妖 オオツヅラ
4:忍竜 オニビドウシ
4:忍妖 ザシキヒメ

■Gゾーン:16
2:六道忍竜 ゲダツラカン
3:六道忍竜 ツクモラカン
4:六道忍鬼 アタゴロード
1:六道忍竜 ジョウルリラカン
1:エアーエレメント シブリーズ

1:呪経忍仙 アブダタイシ
1:ダークエレメント ディズメル
1:メタルエレメント スクリュー
2:ライトエレメント アグリーム

778a1f99.jpg
チームメイトのベルノ・ファーレンハートと縁高サオリ
ベルノはノキエル サオリはメガコロ使いだと勝手に予想
60356306_p4_master1200.jpg

■グレード3:6
4:夜霧の吸血姫 ナイトローゼ
2:一鬼当千 ナイトストーム

■グレード2:13
4:倦怠の呪術師 ネグロレイジー
4:スケルトンの砲撃手
3:腐海の呪術師 ネグロルーク
1:海賊剣士 コロンバール
1:キング・サーペント

■グレード1:14
4:竜巻のジン
4:お化けのとみー兄弟
4:粉骨の呪術師 ネグロボーン
1:海鳴りのバンシー
1:お化けのべいる

■グレード0:17
1:死せざる死者 グルナッシュ
4:荒海のバンシー
4:ランペイジ・シェイド
4:お化けのみっく一家
4:おまじないするバンシー

■Gゾーン:16
4:嵐を呼ぶ海賊王 ガッシュ
2:深淵の海賊王 ブルーハート
1:お化け大王 おばだいあ
1:暗躍する海賊王 バンデッドラム
2:霧幻の海賊王 ナイトローゼ

1:エアーエレメント シブリーズ
2:夜宴の大呪術師 ネグロリリー
2:蝕骸竜 ディープコープス・ドラゴン
1:ライトエレメント アグリーム
60356306_p5_master1200.jpg
■グレード3:8
4:粛清の守護天使 レミエル “Я”
4:螺旋の守護天使 ヘルエム

■グレード2:11
4:直射の守護天使 メルエヤル
3:救急の守護天使 ダネル
4:聖火の守護天使 サリエル

■グレード1:14
4:盤石の守護天使 アニエル
4:確信の守護天使 ルムヤル(LB4解除
4:介護の守護天使 ナレル
2:吸入の守護天使 バハーリア

■グレード0:17
1:サーモメーター・エンジェル
4:天変の守護天使 アスベエル
4:懲罰の守護天使 シェミハザ
4:気付の守護天使 タミエル
4:治癒の守護天使 ラムエル
☆8 醒4 治4

■Gゾーン:16
2:聖霊守護天使 ミカエル
2:聖霊守護天使 アナフィエル
2:聖霊熾天使 ラファエル
4:聖黒熾天使 ガウリール
1:聖霊熾天使 ザカリエル

3:聖霊熾天使 スリエル
1:聖霊熾天使 オリフィエル
1:ダークエレメント ディズメル

先攻とってレミリバとヘルエムですぐに仕掛けていく構築です

●サリエル
できるだけG3ライドまでにVと同名G3をダメージにセットしておきたいので
サリエル4枚(4投の理由はいろいろなので別途いくつか)
FVでG3引っ張ってきてナレルで置くのでもいいのですが
超越コストを考えるとG3を手放したくはないので
サリエルでさっさと置きたい
他にもダネルだけではなくバハーリアをサーチする選択肢もあるので
天舞竜神の強化で多く採用する価値が出てきたユニット
39284073_p0.jpg

●ダネル
救援との相性がやたら良い
G4ガウリで疑似カウンターチャージした直後にダメージから疑似スタンドで出せるので便利
後列がトリガーで起きたら21kライン復活に2kを3回振ったりとかもできます
ダネルのスペコとG4ガウリの2体に2kの効果発動タイミングが同じ
「ダメージにカードが置かれた時」なので先にダネルをコールできるのが強い

●メルエヤル
後列にメルエヤル1体コールしておくことで
ブロークンハートと同じように防御時にダメージ受けたりスリエル救援でVに2k乗せていきます
トリガー乗れば7kパンプかかるのでガウリールほどではないですが防御性能は高め
後列にいてもレミリバライド時での動き出しで呪縛対象にしてしまえば
攻守で無駄のない存在になれます

●他
7k相手に刺さるバニホ互換のラグエル
攻め手として申し分ないケイ互換のアラバキも多く採用したいところ
メルエヤル→ラグエル バハーリア2ナレル1→アラバキ3
相手を削り攻撃を継続していくことに特化させるなら推奨

●基本的な狙い
最大の狙いはヘルエムで相手が超越して悪さしてくる前に
LBで単体16k☆2 メルエヤルで2k乗せて7kブースト 合計25k
相手がG2 10kユニットでもいきなり20k要求飛ばすこと
あわよくば3点当ててダメージレース引き離すか
序盤からシールド切らせて以降の動きを鈍らせるか
速さと重さで勝負を決めに行くスタイル

サブV扱いのレミリバも
無理に盤面揃えて呪縛コスト用意する制約があるものの
ノーコストで相手のリアガードを早い段階から退却させにいけるため優秀
確実に1~2アドをとりつつ前列に5k~10k乗せて攻めれるので
ヘルエムほど直接的ではないですが エグい動きを見せてくれます
スタンドトリガーを採用しているためアタック後のリアが起きたりすると一気に決着が早まります

大きなパンプが期待できるGユニットのアナフィエルもあるので
攻撃は速攻LBと大パンプ超越 G4ガウリ スタンドトリガー
防御はスリエル救援メルエヤル
アド獲得はダネルメインでミカエルでも可 といった具合に配役

● LB > レギオン
タイトルについては「レギオンしているヒマがあったら別なことしてた方がいいなじゃね?」
という個人的見解によるもの
名称的に採用しにくいナキール 超越サポートがバハーリアしかいない守護天使においては
必ずしも超越しやすい環境とは言えません
その上 お互いにG3になっていてドロップゾーンが4枚以上ないと動けないという
レギオンの特性を考えてみると
「相手より先にG3ライド 後にG3ライド どちらの状況でも何も出来ない可能性」が生じます
あくまで可能性の話なので普通に超越挟んでからの終盤レギオンでトリガー率上げて
マルキダエルで38kライン以上 リアにも4k振れてツエー できる時もありますしそれがベストかもしれません
なので 一概にレギオンがダメだとは思ってはいませんが
状況によっては超越もレギオンもできない
よりも
メイトのG2枠分でサリエル満載 ルムヤル出せればLB解除
を目指した方がレギオンよりも勝率とれそうというのが守護天使においての持論
これもルムヤルが引けなかったら動けないというのもあり100%確実とは言えないことですが
前述の通り相手がG3になる前に決めにいける強みの点で
超越不可な状況をレギオンで補助するよりもとにかく「速さと重さ」で勝っています
仮にLB解除できず理想の速攻が決まらずとも相手に先超越を許した場合において
それほどの不利は生じていないことがほとんどです
(ロイパラ アクフォなどの速攻 2回の相手ターンアタックですでにこちらが4点5点もらっていれば
ルムヤルをコールせずともこちらのやりたいことはできるわけですし
3点から相手に先超越されることはそれほど脅威ではないという観点で)

つまり「守護天使においては総合的にみてレギオンよりLB」が結論
長期戦になると相手も悪さしてくる昨今
天使たちが頑張るにはLBとスタンドトリガーしかないのでは・・・



38794031_p0.png
■グレード3:7
4:旭光の騎士 グルグウィント
3:炎天の騎士 アルヴィラクス

相変わらずどーんがるがチラつく
10kブースト&インターセプトは優秀
タンヴァロはCB要求してくるのでちょっとダメかな・・
どうでもいいけどサブVのイラストアドが皆無すぎて萎えるわ・・
(ここの要素はすごく大事)
いっそシザーズでもええんかな とか思う

■グレード2:12
4:秋光の騎士 レガン
4:薄陽の騎士 マルキア
4:ふぁーむがる

プイスが捨てがたいけど
レジスト8投は特定のクランにものすごく刺さるのでやめられない
ベリーモールよりはふぁーむがる これはもう間違いない
ノーコスで1アド最高
ライド時 相手バニラ8kから連パンもらう恐怖は常にあるけども・・

■グレード1:14
4:神聖魔道士 キャンディス
4:曙光の騎士 ゴルボドゥク
4:日華の騎士 ジェフリー
2:投刃の騎士メリアグランス

キャンディスをプリデリーにするとメリアグランスいらないかも
けどグルグGB2でトップからキャンディス出てくるとうれしいんだよなぁ・・
イラストアドに敢えて負けてみようという趣向

■グレード0:17
1:ライジング・ライオネット
4:スカーフェイス・ライオン
4:フレイム・オブ・ビクトリー
4:聖管の奏者 ヘリー
2:キュアラブル・エンジェル
2:ファーマシーウィッチ

安定の1:1:交換コエルよりも
超越ボーナスとスカージポイントの相性に
追加でさらに5k振れるのが大きい
1トリガーでも乗れば序盤から31k以上のラインで
ヒット時強要を繰り出せるので連打に繋がりやすい

■Gゾーン:16
2:黄金竜 ライジングシャイン・ドラゴン
2:疾駆の黄金騎士 カンベル
2:黄金竜 スカージポイント・ドラゴン
2:黄金竜 グロリアスレイニング・ドラゴン
1:黄金竜 レイブレス・ドラゴン
2:旭光剣爛 グルグウィント

1:エアーエレメント シブリーズ
1:聖天祈祷師 レイア
1:ダークエレメント ディズメル
2:黄金獣 すれいみー・フレア

ライジングシャインのコストは基本シブリーズで
初回に乗るのはスカポとの2択
ヒット時のライシャ 重さのスカポ 扱いやすいですね
そこからの連打製造機グロリアス先生と旭光のアニキ
どちらもフェニッシャーになり得る性能はありますが
相手がクロスとかトリガーで堅くなる確率高そうなら旭光が上ですねえ
1チャン2発目用に1枚増やしました 保険の保険です

weekly_vg_161018_19.jpg
アクフォのかわいい子とデッキホルダー
ソードブレイカーたそも配布となるとちょっとやる気出てきた
たまには苫小牧の大会出てみようかな

寒くなってきたから足が遠のく季節
休日の楽しみである朝イタリアン 昼焼肉 
銭湯めぐりのあとに行くと湯冷めしそうなんだよね・・
苫小牧のショップは暖房がほとんど無いに等しいので本当に困る
おとなしく ぬくぬくとパチンコでも行っとくか

WHAT'S NEW?