Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
凡そ戦いは正を以て合い奇を以て勝つ
故に善く奇を出だす者は窮まり無きこと天地の如く竭きざること江河の如し
終わりて復た始まるは四時是れこれなり
死して更[こもごも]生ずるは日月これなり
 声は五に過ぎざるも、五声の変は勝[あ]げて聴くべからず
 色は五に過ぎざるも、五色の変は勝げて観るべからず
 味は五に過ぎざるも、五味の変は勝げて嘗[な]むべからず
 戦勢は奇正に過ぎざる、も奇正の変は勝げて窮むべからず
奇正の相生ずることは循環の端なきが如し
孰[た]れか能くこれを窮めんや




通解

およそ戦闘というものは定石どおりの正法で不敗の地に立って敵と会戦し
状況の変化に適応した奇法で打ち勝つのである
したがってうまく奇法をつかう軍隊ではその変化は天地の動きのように窮まりなく
長江や黄河のように尽きることがない

終わっては繰り返して始まる四季のように
暗くなってまた繰り返して明るくなる日月のようである

音は宮・商・角・徴・羽の五つにすぎないが
その五音階の混じり有った変化はとても聞き尽くせない

色は青・黄・赤・白・黒の五色に過ぎないが
その五つの混じりあった変化はとても見尽くせない

味は酸・辛・しおから(酉咸)・甘・苦の五つに過ぎないが
その五つの混じりあった変化はとても味わい尽くせない

戦闘の勢いは奇法と正法の二つに過ぎないが
その混じりあった変化はとても窮め尽くせるものではない

奇法と正法が互いに生まれでてくるありさまは丸い輪をぐるぐる回って終点のないようなものである
だれにそれが窮められようか


アメフトに於いても同様のことが言えるのではないでしょうか
正攻法と奇策
ランとパス

単純な択一であろうとも運用次第で相手の虚を突き
試合における流れを引き寄せることができるということから
「プレーの好み」ではなく「流れを重視する」試合運びの実践を目指すことが
重要であるとも解釈することができます

スポンサーサイト
勝利の軍は開戦前に勝利を得ている


勝を見ること衆人の知る所に過ぎざるは善の善なる者に非ざるなり
戦い勝ちて天下善なりと曰うは善の善なる者に非ざるなり
故に秋毫を挙ぐるは多力と為さず
日月を見るは明目と為さず
雷霆を聞くは聡耳と為さず
古えの所謂善く戦う者は勝ち易きに勝つ者なり
故に善く戦う者の勝つや智名も無く勇功も無し
故に其の戦い勝ちてたがわず
たがわざる者は其の勝を措く所已に敗るる者に勝てばなり
故に善く戦う者は不敗の地に立ち
而して敵の敗を失わざるなり
是の故に勝兵は必ず勝ちて而る後に戦いを求め
敗兵は先ず戦いて而る後に勝ちを求む


●解説
勝利を読みとるのに一般の人々にもわかるようなものがわかる程度では最高に優れたものではない
戦争して打ち勝って天下の人々が立派だとほめるのでは最高に優れたものではない

だから細い毛を持ち上げるのでは力持ちといえず
太陽が月が見えるというのでは目が鋭いといえず
雷のひびきが聞こえるというのでは耳が聡いとはいえない

昔の戦いに巧みと言われた人は普通の人では見分けのつかない勝ちやすい機会をとらえてそこで打ち勝ったものである
だから戦いに巧みな人が勝った場合には知謀優れた名誉もなければ武勇優れた手柄もない
そこで彼が戦争をして打ち勝つことは間違いない
間違いないというのはその勝利を収めるすべては既に負けている敵に打ち勝つからである
それゆえ戦いに巧みな人は絶対の不敗の立場にあって敵の態勢が崩れて負けるようになった機会を逃さないのである
勝利の軍は開戦前にまず勝利を得てそれから戦争しようとするが
敗軍はまず戦争を始めてからあとで勝利を求めるものである



戦術的スポーツであるアメフト
兵法から学べる共通思想があることがわかってきたので簡単に記事にしてみる

最高の兵法書
孫子の兵法


形篇(必勝の形をつくる)

孫子曰わく
昔の善く戦う者は先ず勝つべからざるを為して、以て敵の勝つべきを待つ
勝つべからざるは己れに在るも勝つべきは敵に在り

故に善く戦う者は能く勝つべからざるを為すも敵をして必ず勝つべからしむること能わず
故に曰わく
「勝は知るべし、而して為すべからざる」と
勝つべからざる者は守なり
勝つべき者は攻なり
守は則ち足らざればなり
攻は則ち余り有ればなり
善く守る者は九地の下に蔵[かく]れ、善く攻むる者は九天の上に動く
故に能く自ら保ちて勝を全うするなり

古代の巧みに戦う者は
まず敵軍が自軍を攻撃しても勝つことのできない態勢を作り上げた上で敵軍が態勢を崩して
自軍が攻撃すれば勝てる態勢になるのを待ちうけた

敵が自軍に勝てない態勢を作り上げるのは己れに属することであるが
自軍が敵軍に勝てる態勢になるかどうかは敵軍に属することである
だから巧みな者でも敵軍が決して自軍に勝てない態勢をつくることはできても
敵に態勢を崩して自軍が攻撃すれば勝てる態勢を取らせることはできない
そこで「敵軍がこうしてくれたら自軍はこうするのに、と勝利を予測することはできても
それを必ず実現することはできない」と言われるのである

敵が自軍に勝てない態勢とは守備形式のことであり
自軍が敵に勝てる態勢とは攻撃形式のことである
守備形式を取れば戦力の余裕があり攻撃形式を取れば戦力が不足する

古代の巧みに守備する者は大地の奥底深く潜伏し
好機を見ては天空高く機動した
だからこそ自軍を敵の攻撃から保全しながらしかも敵の態勢の崩れを素早く衝いて勝利を逃がさなかったのである


直訳すると難解ですが
勝機とは何かを説かれてます
人によっては受け止め方が違ってくるとは思いますが
私は守備の重要さと
相手に合わせた戦術ではなく自分のスタイルを貫き通してこそ真の勝機を作り出すことが出来るのだと解釈しました
精神面でこうした兵法を学んでおくことでマッデンに役立つ気もします


WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。